オリジナルTシャツの情報はここから!

このサイトでは、オリジナルTシャツに関することを紹介します。
アプリで作るサービスや、襟付きでも作成が可能であったり、急いで作りたい場合の即時作成ができるかなどオリジナルでTシャツを作る際に疑問に思うことだけではなく、オリジナルで作成するなら著作権についても知っておくことが大切です。
自分でデザインして個性的なオリジナルのTシャツを作成する前に、このサイトで紹介することを事前に把握しておくと良いでしょう。

オリジナルTシャツはアプリで作れるサービスもある

オリジナルTシャツはアプリで作れるサービスもある 自分だけのオリジナルTシャツを作りたいと思っても、原稿を描いたり、色や文字を決めたりと面倒に感じることがあります。
そんな時にはアプリを活用すると良いでしょう。
オリジナルTシャツはインターネットのサイトでも作成可能ですが、アプリでも作れるサービスを提供しているところもあります。
アプリを使って作成するのであれば、空いている時間など自分で好きな時間にオリジナルのTシャツを簡単に作成することが可能になります。
自分で作ったイラストや写真をアップロードしますが、中にはスタンプやデザインツールが用意されている場合もあるので、絵を描くことが苦手でも簡単にオリジナルで作成できます。
イラストや写真をアップロードすればあとは好みのTシャツを選ぶだけで、あとは商品が届くのを待つだけです。

オリジナルTシャツの販売は商標権に注意する必要あり

オリジナルTシャツの販売は商標権に注意する必要あり 自分で好きなオリジナルTシャツを作り上げ販売をする場合注意すべきポイントがあります。
よくある注意すべきポイントが、フリー素材を使用してのTシャツ作りです。
このフリー素材と言う言葉ですが、一見すると自由に使用してよいという印象がありますが実はそうではありません。
著作権には、クリエイティブコモンズライセンスと言う物があります。
フリー素材の中にもこのライセンスがある物があり、例えばクリエイティブコモンズライセンスの中には著者を記す必要がある物の他、非営利目的でしか使用できないという決まりがあります。
この決まりを守らなければ自由にオリジナルTシャツを作り販売することが出来ないのです。
この場合、問題になる事例についてはクリエイティブコモンズライセンスでは、著者を記す必要があるのもは著者を記さずに作品のみをプリントアウトしたり、営利目的で販売と言う手法で利用しようとしている場合、著作権法に触れてしまい違法となります。
違法であると認めらえた場合、罰金の他処罰を受ける対象となるため注意を払うべきことになるのです。
その為オリジナルTシャツを利益目的で売買する場合においては、著作権フリーであるコモンズライセンスゼロである作品を取り込みオリジナルTシャツとして作り上げてから売買する必要があります。
以上の約束事を守ることで、自由にオリジナルTシャツを売買することが出来ます。

もっとオリジナルTシャツの情報を探すなら

オリジナルTシャツを作る